効率的な勉強法で合格をめざせ!

合格!それは無駄のない勉強法が肝☆

勉強環境とはなんだろか

試験を受けるためにはほとんどの人が受かりたいと勉強するでしょう。落ちたいと思って試験を受ける人はいないと思います。しかし、ほかの人が一発で合格しているのに一生懸命勉強しているのになかなか合格しないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人たちの中には一生懸命勉強している割にはその勉強が頭に入っていないという勉強方法を間違っている人も多いですが、中には、勉強方法は間違っていないけれど、勉強環境が悪いために覚えたことがなかなか試験のときに生かせないといった人たちも多いです。要するに、勉強する環境がよくない人がいるのです。では試験に受かる勉強環境というのはどういった環境でしょうか。
・規則正しい生活リズム
朝早くおきてしっかりと朝食を取る。
それだけで一日の体の活力が沸くのと同時に脳も活性化します。つまり、朝食を抜くとそれだけで脳は活動が衰えてしまうのです。早寝早起きをして3度のご飯をしっかりと取ることは、試験に合格するための第一歩です。昔、睡眠学習という方法がはやった時期があります。寝ている間に頭がよくなると話題の勉強方法でしたが、あながちその勉強方は間違ってはいません。人間は夜寝ている間に、その日一日覚えた出来事を今まで覚えた知識と関連立てて整理するといわれています。ですから早寝してしっかり眠ることもその日行った勉強を効果的にするひとつの方法です。夜遅くまで勉強すると頭がよくなるというイメージがありますが、その逆で、実は早く寝たほうが効果的なのです。

・静かな環境
周囲がにぎやか過ぎる中で勉強しても集中できず、いくら勉強しても勉強したことは頭に入ってきません。静かな環境の部屋で勉強するか、静かな部屋がなければ図書館などを利用するようにしましょう。

・試験へのモチベーションを高める
モチベーションが下がってしまうと難しい試験の場合は勉強が長続きしません。モチベーションが下がらないようにする工夫も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です