効率的な勉強法で合格をめざせ!

合格!それは無駄のない勉強法が肝☆

効果的な勉強法を身に付ける

学生の間であれば、高校や大学など進学するための試験や、漢字検定や英語検定など、知識や教養を証明するための検定試験があります。また、社会に出れば仕事をするためにその仕事に関しての資格試験というものがあるほか、資格がなくても働ける仕事に関しても業務に関する資格を取得するために受験しなくてはいけない場合があります。どの試験に関しても、知識も何もなくただ試験を申し込んで受験したところで受かるはずもありません。

まずはその試験についての勉強をする必要があります。
しかし、ただむやみやたらと勉強しても、試験に合格できないのに加えて、勉強した内容が頭の中で整理されず、ごちゃごちゃになってしまうだけです。これでは何時間勉強しても無駄。試験に合格する人には実はそれなりの勉強方法があるのです。そう、「やる気が出る!資格試験の勉強法」が必要ということでしょうね。

・規則正しい生活を送る
試験や勉強と何の関係もないように思えますが、脳は寝ている間に、その日頭に入ったことを今までの知識や経験などと結びつけて、系統化させる働きをしています。一昔前に睡眠学習などという勉強方がはやりましたが、寝るということは知識を頭の中で整理整頓するのに役立つのです。ですから規則正しく生活し、早寝早起きを繰り返すことで自然に頭の中にごちゃごちゃになっていた知識が整理整頓されていきます。そうすることによって頭の容量の中に余裕ができ、新しい知識を入れることができたり、今問われていることを即座に頭から取り出すことができるのです。

・過去問題がポイント
テキストや参考書を読みふけてしっかり内容を把握することはもちろん大切です。しかし、試験に出てくるのはその中でも大切なことばかり。過去の問題集を紐解くと、そういった必要な知識の中でもさらに大切なことが凝縮して詰まっています。過去問題集をといていくことで試験に対する自信もついてくるので、参考書などである程度の知識を深めたら過去の問題集に取り組んで見ましょう。

・興味を持つ
試験をする上で一番大切なのは、試験を受ける資格や学校に関して興味を持つことが大切です。特に資格を取得した後、実践するタイプの資格試験に対しては、試験を受ける前にその資格に対しての体験をしてみるなどすると、資格の内容がより身近になって感じられることになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>